Asking Myself

技術と英語と日常のこと ※古い記事は音声入力で書いたので日本語カオスです

GPS

GPSの本を読んだのでまとめる。

GPSでわかるもの

  • 位置
  • 速度
  • 時刻

位置情報の求め方

  • 知りたい情報:自分の位置(3次元)
  • わからない情報:受信機がもつ時計からGPS時刻に対する時間オフセット
  • わかる情報:衛星の位置x4
  • 連立方程式x4:GPS衛星と自分との距離が光速x時間

詳細

  • 衛星の位置情報は電波に情報として乗っている
  • 衛星から自分に届くまでの時間は受信するタイミングを測定する
  • いろんな補正が必要
  • NMEA:GPS受信機の出力の標準フォーマット
  • 地心直交座標経と測地系
  • 相対測位:地球にある基準局も使う

通信

  • 直接拡散
  • BPSK
  • 50 bps
  • 1フレーム30秒
  • L1帯 1575.42MHz
  • チップレート 1MHz
  • 拡散コード(C/Aコード)1023
  • 1bit C/Aコード20個

GNSS

誤差要因

  • 衛星時計誤差
  • 起動誤差
  • 受信機雑音
  • 電離層遅延
  • 大気圏遅延
  • マルチパス
  • 上空障害物

英語の本の断捨離

英語の本でずっと読んでない本を捨てようと思う。

やってない本があるとモチベーションも下がるので。

 

他にも、ビジネス書をすてよう。

ざっと見て印象にのこってないから、問題なさそう。

だいぶ、削れないくらいまで、本も減ってきた。技術書でiらないやつを今度はすててこうかな、

 

Meetup

Meetupでエンジニアの集まりとか英語学習者の集まりに参加してみようかなと思って登録したけれど、 子供がいて、そんな余裕もなく、登録を解除した。 メールがたくさん来るのもそれなりにストレスやったし。 また、余裕ができたら登録し直そう。

Auidible

3ヶ月の無料体験中。

まあまあ楽しい。

ビジネス書を何冊かと英語の勉強の本をすこし聞いた。 自分で読んだほうが速いけど、手ぶらで話聞けるのはいいかも。

小説は聴いてる途中で微妙になったやめた。

なんか、読み方に気持ちが入ってて、逆に気持ちが入らなかった。

本を読むのが好きだから、朗読を聞くのはあんまりなじまないんかな。 ラジオドラマみたいな感じする。

同じ聴くならPodcast聴くほうが楽しいかも。

とりあえず、聴くのやめるか。

雑誌の断捨離

たまってる雑誌をすてることにした。

たまにかうForbesって雑誌。

乗ってる会社とかひとがみんなかっこよくて憧れる。

もっと、しっかり自分のこととか社会のことかんがえて行動してけば、こういう人になれるんかな。

 

FPGA開発について~MATLAB/SimulinkとHDLCoderを中心に~

はじめに

現在、FPGAを用いて研究開発をしている。 従来のVerilog HDLを使った開発から離れて MATLAB/SimulinkとそのオプションHDL Coderを使った開発している。 思うところをまとめる。

FPGA

メリット

  • 並列処理 vs CPU
  • 電力効率が良い vs CPU, GPU
  • プログラマブル vs LSI
  • パイプライン処理ストリーム処理が得意 vs CPU, GPU

デメリット

  • 開発大変(私感)
  • ソフトウェアエンジニアには難しい vs CPU
  • クロック遅い vs CPU, GPU, LSI
  • 量がでると比較的高い vs LSI
  • 検証大変 vs CPU

参考

FPGAが熱い

  • ポストムーアで期待されている
  • Verilogかけると給料高い
  • IntelのAltera買収
  • IT企業がFPGA搭載サーバーを活用
  • エッジでもフォグでもクラウドでも使える
  • 「2020年までにクラウドサーバの1/3はFPGAを導入」

参考

国立情報学研究所アーキテクチャ科学研究系・教授/所長補佐

佐藤一郎

FPGAの開発

参考

FPGA向けの高位合成言語と処理系の研究動向

MATLAB/Simulink HDL Coderを使ったモデルベース開発のメリット

  • GUIの優れた解析ツールがあり検証が楽
  • ライブラリが有用(フィルタ、FFT、誤り訂正等)
  • 再利用性アップ

参考

「10 以上の製品開発プロジェクトで採用してきました」

画像処理回路のASIC実装へ向けた、 HDL Coder適用事例 ~手書きHDLコード vs コード生成ツール~

ルネサスシステムデザイン株式会社

解説論文

MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン手法を用いた高速追随機能付きOFDM変復調システムの設計法

おまけ

  • アナログ混在シミュレーションが可能
  • Questa (Modelsim)連携可能
  • 等価性検証が楽
  • AXI4バスも簡単に作れる
  • トレーサビリティOK
  • STARC対応
  • HDLもinport可能
  • C言語もinport可能
  • C言語のinportやHDLのinportを使って高位合成の等価性検証もできそう

参考

MATLABC言語ベース高位合成の連携 によるハードウエア設計事例

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社 第一開発統括部 第一技術部 斎藤 睦巳

課題

  • バグがある
  • ノウハウがいる
  • 結局、ハードウェア設計の知識・経験がいる

したいこと

DMM英会話の休会

4月から3ヶ月間、DMM英会話続けて、今日でしばらくやめることにした。

2014年からとびとびでやってて、累計4900分、受講していることになったらしい。 約200日。がんばったなぁ。次のTOEICが迫ってきたら、また再開してみようか。 もしくは、英語の打ち合わせの日程が決まったら再開するか。

もうひとつの選択肢として、Weblioの英会話も考えてる。 週1か週2くらいで続けてもいいかも。

どうしよかなぁ。