Asking Myself

技術と英語と日常のこと ※古い記事は音声入力で書いたので日本語カオスです

社会人ドクターについて

会社で某大学と共同研究をはじめたので挨拶にいった。 もともと、交流のある先生だったので、博士とりたいってのも相談してみた。 僕のキャリアパスも考えてくれて、どうせとるならそこの大学よりも僕の母校で取ったほうがいいんじゃないかと提案してもらった。取りたいのなら別の先生を紹介するとも言ってくれた。ありがたい。

金銭面は、なんとかなるかなぁという感じ。働きながらだし。 専門分野的にも役立つだろうなぁという感じ。 気力体力的には、ある程度しんどいやろうけど、がんばるしかないかなぁという感じ。 タイミング的には、もっと論文書いてからのほうがいいのかもしれないなぁというかんじ。 他の機会を待つかどうか的には、もうチャンスはあまりこなさそうな年齢にさしかかるので、微妙かなぁという感じ。

先生と相談して、がんばって博士とろかな。

どうも調べた感じだと、いわゆる論文博士はなさそう。 普通の学生さんとまざって、試験受けて、入学して研究して論文書いて卒業するっぽい。 3年はかかるんやろうなぁ。長いなぁ。 まわりの社会人ドクター取った人に話きいてみたいなぁ。